晴れときどきプーチン!

福岡在住の主婦です。いろいろお得な情報を紹介します。夫の小遣いは1日500円です。

ロシアのビールは清涼飲料水だった!?

ロシアのお酒と言えば、ウォッカを連想しますよね。

ウォッカのアルコール度数は、だいたい40度のものが多いです。

お酒の中では高めですね。

 

そんなロシアですが、ビールの消費量はなんと世界第3位です。

かなりのビール大国ですね。

ちなみにビールの個人消費量は、チェコだそうです。

 

f:id:fukuoka23:20160821114849p:plain

 

❏ビールは清涼飲料水だった!?

今やビール大国となったロシア。

数年前までビールは清涼飲料水だったという事をご存知ですか?

 

アルコール度数が10%未満のものは、お酒として扱われていなかったんです。

ウォッカに比べる、とビールのアルコール度数は水みたいなものですからね。

ランチビールは当たり前だったようです。

 

でも今では法改正され、ちゃんとビールもアルコール飲料になっています。

ビールも飲み過ぎ注意ですからね。

 

 

❏ロシアのビール

ロシアの国民的ビールと言えばBaltika(バルティカ)です。

創業1990年で、本社はサンクトペテルブルクです。

 

ビールには名前ではなく、番号が付いています。

何ともユニークですね。

 

 No.0 ノンアルコール

 No.1 ライトビール (アルコール4.4%)

 No.2 ペールエール

 No.3 ラガー (アルコール4.8%)

 No.4 オリジナル

 No.5 ゴールド

 No.6 ポーター

 No.7 エクスポート(輸出用)

 No.8 小麦のビール (アルコール5%)

 No.9 ストロングラガー(アルコール8%)

 No.10 フルーツビール

 

 

❏日本で買えるロシアビール

日本では、バルティカNo.3とバルティカNo.9が購入できます。

 

一番オーソドックスなラガータイプのNo.3。

色はクリアなゴールドで、ホップの苦みがストレートに感じられます。

ロシア ビールバルティカNo.3 (500ml×24)缶ikケース重量:約14.5kg

 

 

色は濃い目のゴールドで、のどごしがスムーズなNo.9。

アルコール度数は8.0%と高めなので、飲みごたえがあります。

フルーティーなのも特徴です。

ロシア ビールバルティカNo.9 (500ml×24)缶ikケース重量:約14.5kg

 

いかがでしたでしょうか?

たまにはロシアビールを飲むというのも良いかもしれませんね。

TwitterFacebookのネタとして使えそうですね。

f:id:fukuoka23:20160811221505p:plain